空の羊新聞2号

5月13日(金)私は祖父 後藤楢根が眠る
静岡の富士霊園に訪問してきました。
それは富士霊園に祖父の墓があるからです。
生前祖父に会って話しができなかった事を
今更ながら後悔。
でも今の仕事を通して祖父の活動に興味持ち
ルーツを追いたくなったので本人には直接
会うことが出来なかったけど挨拶したくて
あるきっかけもあり祖父のお墓ある
静岡へ足を運んでみました。

13日当日の天候は快晴!
前日静岡入りしていたので
朝Hotelを出て富士霊園行きの連絡バスがある
駿河小山駅に向かいました
b0352869_07185797.jpg

駿河小山駅を出ると
富士山を背景に童話の主人公が!
ここは金太郎発祥の地
早速童話の1ページを開いた気分に^_^

バスで片道20分程で目的地富士霊園に到着。


b0352869_07221409.jpg

富士霊園のロータリーから見上げると
絶景富士山が眺める事が出来ました(^_^)
この感動感激忘ることない光景でした

連絡バスを降りその後園内バスに乗り換え
祖父の墓がある場所へと向かいましたが
うっかり違うバス停で降りしばし迷い子に
不安を感じ下車したバス停に戻り
再度バスに乗り
今度は運転手に確認を取り下車後
また少々迷ったものの無事到着。
b0352869_07325331.jpg
後藤楢根の墓はこちらの文学碑の墓
にちゃんとありました。

川端康成、萩原朔太郎他有名な文学者も
同墓に眠っておりこのような場所に
祖父がいるなんて。。
改めて祖父のことを
誇りに思うことができました。

お墓を確認し挨拶もでき安堵の気持ちに

b0352869_07390685.jpg
お墓の背には楢の木が繁っていました。

b0352869_07403418.jpg
足下を見るとおやおや可愛いどんぐりが

b0352869_07413838.jpg
帽子の方を拾い閃いた事は。。
b0352869_07424228.jpg
同行した猫に被らせたこと^_^;
これも理由あってのことなんですが

少し休憩した後バスで入り口に戻りました
富士霊園の敷地は広いし環境も素晴らしいところ
生きてる間にもう一度この場所に訪問できる
こと願いながら霊園を後にしました。

好天気に恵まれたことも
祖父や母が導いてくれたことかも、、
と勝手に思いながら^_^;
初静岡の旅を終える事ができました。
また機会あらば祖父に会いに富士霊園に
行きたいと思います。














[PR]
by soranohituzi | 2016-05-29 06:48 | 空の羊新聞

童話系企画