NEW POST

蚤の市

最近毎朝空の羊文部屋で鳥の声を聴きながら
朝読書をしています。
本の種類は本棚を見て決めたりテーマ舞い降りて
図書館で借りてきたりとその時気分で読んでます
昨日パッと目に止まったのが安野光雅さんの「蚤の市」
今別件での企画蚤の市開催してる事もあり
開いてみよーと本を読んでみると
最初と最後にのみ文章が(購入時読んだ記憶が薄くて)
後の言葉は読む人の想像にお任せ
b0352869_07285777.jpg
最初の頁の言葉に釘付け
本来の蚤の市のコンセプトでること書いてます
b0352869_07310290.jpg
カメラを販売してる机
b0352869_18013366.jpg
絵に描かれてるカメラみーつけた!

b0352869_07315237.jpg
楽器を販売してる机

b0352869_07323095.jpg
こんなのあるかなぁ〜

お客様の会話の描写が言葉ないのに
聞こえるようにも
そして動いてるように見えるのです。
こんな蚤の市再現してみたい!!
て思える一冊です。
b0352869_07351407.jpg
最後のページにこんな内容が
まさにタイムリーな読書でした
私がこの「蚤の市」という本を手にしたのは
どこかの古本屋か知人から受け継いだ本だと(-。-;
最初に購入された方の日付入り(1996.12.22)
と明記されてました。
あいにく私の手元に来た時の日付けは記載してなく
なので改めて読んだ日を続きに記載することにしました

2017.11. 3









[PR]
by soranohituzi | 2017-11-04 07:21 | ソラヒツ便り

九州大分を拠点とし旅する企画を開催


by soranohituzi